熱帯魚を入れてから水槽立ち上げが完了するまで

熱帯魚の数はネオンテトラなら2リットルにつき1匹が適量です。餌は2日に1回、これだけでも濾過バクテリアが殖えるには十分な量のアンモニアが発生します。濾過バクテリアは細胞分裂にとてつもなく時間がかかり、アンモニアを増やしたからといって早く殖えるものでもありませんので注意してください。

この間、水換えは禁止です。こんな不安定な状況では熱帯魚も少なからず弱っていると考えるべきで、その状態で水換えという、熱帯魚にとっても最も負担のかかることをしてしまえば、下手をすると水換えから一週間くらいで全滅という事態にもなりかねません。水換えはしっかりと水槽立ち上げができてからです。水が濁っていないなら、アンモニアや亜硝酸塩で死んでしまう心配はありません。それよりもむやみに調整剤だのバクテリア剤などを入れたりせず、静かに見守っておくことが大切です。

水槽立ち上げを始めてから一ヶ月くらいで、水槽は「立ち上がった」状態になります。これはアンモニアが亜硝酸塩を経て硝酸塩に変わるプロセスが速やかに行われる状態になったことを意味します。もっと具体的に言うならば、ニトロソモナスとニトロバクターが十分に殖えた状態、と言えます。ここまでくれば、熱帯魚をそれなりに追加しても大丈夫です。

こうした濾過バクテリアは、まだまだフィルター内の濾材全体に広がるまで殖え続けます。それには半年から一年かかるでしょう。濾過バクテリアの増殖スピードは一定でマイペースです。その特性をよく理解した上で、水槽立ち上げを行うのならば、ここで紹介したやり方に限らず、自分なりの手順を見つけてもらえればと思います。

最後に、おかしな知識をすり込まれないための、とっておきの方法を教えましょう。それは「水槽 立ち上げ」「パイロットフィッシュ」「濾過バクテリア」の初心者間違い検索三点セットでサイトを探さないことです。基本的にお小遣い稼ぎが目的のサイトばかりで、初心者を失敗させたくないという気持ちが全く感じられません。

こうしたことも正しく学ぶなら価値があるものですが、そのサイトが正しいのか間違っているのかも判断できない初心者には三年早いです。まずは当たり前ですが、「熱帯魚飼育」とか「熱帯魚の飼い方」とかで普通に検索して、理由はわからなくても言われた通りにやってみることです。そうすれば理由はわからないけど成功した、という体験を得られますので、そこで始めて、なぜなのかを調べてみれば良いのです。