正しい水槽立ち上げの方法

ここからがいよいよ水槽立ち上げの方法になります。水を濁らせても平気でいるような間違った水槽立ち上げでなければ、いかなる方法でもかまいませんが、ここでは管理人がいつも行っている、手のかからない例をあげておきたいと思います。

まずは水槽に底砂を敷き、オートヒーターやフィルターを取り付け、水を入れ、水槽のセッティングを完了します。この状態では濾過バクテリアがいませんので、熱帯魚を入れて濾過バクテリアを増やすのに必要なアンモニアを増やしても無意味です。入れた熱帯魚を苦しめ、そればかりか水を白く濁らせ水槽の立ち上げに障害となる従属栄養細菌にエサを与えるような結果となります。従属栄養細菌も濾過に必要ですが、殖えすぎれば百害あって一利なしです。

とにかく濾過バクテリアがいないことには何をしても意味がありません。だからといってバクテリア剤を入れるのも解決にはなりません。市販されているバクテリアはフィルター内に必要なニトロソモナスやニトロバクターとは全く種類が違うものだからです。こうした濾過バクテリアはすでに立ち上がっている水槽の、砂や、その中の埃のようなもの、水草の枯れ葉や根のまわり、流木など、あらゆるところにいますので、そうしたものを入れるのがもっとも早いです。

また、大気中にも多く漂っていますので、フタをせずにそのまま待っていても一週間ほどで水槽内にも現れます。熱帯魚はこのタイミングで入れると、熱帯魚にも安全で、水を濁らせることもなく、順調に水槽を立ち上げることができます。

ところで初心者向けと称するサイトの中には、魚を入れずに一週間も水を回すのは無駄と言わんばかりの恐ろしい大ウソを平気で広めている無責任なサイトもありますので十分に注意してください。

まとめますと、水槽の中に濾材や水草や流木などを入れる場合はセットしてすぐに熱帯魚を入れ、このようなものを入れないのであれば、フタをせずに一週間ほどフィルターを回してから熱帯魚を入れるようにします。また、最初に入れる熱帯魚は丈夫な種類かどうかよりも「状態の良い熱帯魚」であるかどうかが重要です。極端な例ですが、入荷したてのネオンテトラよりもショップで売れ残ったディスカスの方が失敗しにくい場合もあるくらいです。