水槽立ち上げの準備

水槽の準備ができたら、次は底砂を選びます。吸着性のソイルを用いると水槽を立ち上げる際の失敗もなく、とても楽です。弱酸性の軟水を好む熱帯魚にはおすすめです。ただしソイルには寿命があります。大丈夫そうに見えても半年くらいで取り替えた方が無難です。ソイルを使った水槽は立ち上げは楽ですが、崩壊するときはあっと言う間です。

サンゴ砂も立ち上げやすい底砂ですが、アルカリ性になるため、このような水質を好む熱帯魚であるのはもちろんのこと、化学的な理由によってアンモニアによる害が弱酸性の環境よりはるかに深刻になりますので、弱酸性での水槽立ち上げよりも難易度は高くなります。

無害で安全という意味では天然の砂よりも各社から販売されている人工砂の方がお薦めです。濾過バクテリアはガラスだろうと石だろうと、おかまいなしに付着しますので、底砂の材質は全く関係ありませんが、表面にしか付着しないため、形状は多孔質や細かいものを選ぶ事で体積あたりの表面積を増やした方が最終的には高い濾過能力を得られます。

ただし濾過バクテリアの殖えるスピードというのはとてつもなく遅いため、たとえ多孔質のものを使っても、その表面積を使い切るくらいまで濾過バクテリアを殖すには、水槽立ち上げからなお、相当の期間が必要となるでしょう。