音や振動のない静けさが自慢という水槽

安価な水槽セットはどうしても音や振動はあります。これは仕方のないことです。音や振動のもとは上部式フィルターのポンプだったり、エアーリフト式フィルターに使うエアーポンプだったり、あるいは外部式フィルターのモーターも昼間は気になりませんが、夜になるとけっこう響いてきたりします。

高価な水槽セットでは、フィルターの中では最も静かなエーハイムの外部式フィルターがついたものがあります。ただ、これもそのままで使用すると、やはり夜には少し音や振動があります。まずは濾材ですね。若干、濾過能力は落ちますが、スポンジだけを使用するのが良いです。サブストラットやエーハイメックの濾過能力は魅力ですが、なかなか平らにならないこともあって、少し音が出やすかったりします。スポンジなら割とぴったり収まり、音や振動はかなり軽減されたように感じます。

大切なのはここからです。高級な水槽台には、このエーハイムをぴったり収納できるようになっているものがあるのです。この中に入れて扉を閉めておけば、もう、ほとんど気になりません。それでも、という人がもしいたとしたら、扉の内側に吸音材を張っておけば万全でしょう。

あとはフィルターを使わないバランスドアクアリウムに近いものでしょうか。ベタ飼育セットとか、そいういうのですね。こちらは静音ではなく、全くの無音。サイズの割に高価なのがネックですが、とんでもなく綺麗な水槽です。ただ、熱帯魚は数匹しか入れられないので熱帯魚よりも全体の雰囲気を楽しむための水槽かもしれません。雰囲気は本当に夢のようですけどね。