水槽立ち上げは忘れましょう。

もし今これを読んでいるあなたが熱帯魚の飼育を始めて三年くらいの経験があるのならば、このサイトに価値はありません。なぜなら、もうあなたには、間違ったことを言っているサイトか、そうでないサイトかの区別がつくはずだからです。(ただし、水槽立ち上げを調べてから飼育を始めてしまった人は別ですが。)

いまや日本の一般アクアリストにおける熱帯魚飼育技術は、世界で最も低い水準にまで落ちてしまいました。初心者がインターネットで広めてしまった間違った水槽立ち上げの方法をもとに熱帯魚の飼育を始めてしまう人が多いからでしょう。

普通ならありえないような異常な質問、例えば水が白く濁るとか、初心者をそんな事態にさせてしまうのも、右も左もわからない初心者を言葉巧みに自分の都合の良い方へ導き、「水槽立ち上げをしてしばらくは水が白く濁っても安心してください」といった、まるでいかがわしい未承認治療薬の販売員が使うような解説をしているところまである有様です。

そうしたサイトの多くは広告をクリックさせることが目的であって、初心者が水槽立ち上げに成功しようが失敗しようが何ら関係ありません。まぁ残念ではありますが、きちんとやっている人もいるわけで、かつてのように日本の熱帯魚飼育技術が世界から注目するようになれば良いなと思っています。

こんな感じで、全体的に毒のあるサイトかもしれませんが、本当に初心者のためを思って献身的にやっている人たちには、全くもって問題のない内容です。

少なくともこれから熱帯魚を始めようという初心者がせめて自分の好きな大きさの水槽を自由に選び、初心者向きの熱帯魚から最初のパートナーを選んでも、トラブルなく安心して飼育を楽むために、正しい水槽立ち上げを伝えたいと思います。

とは言え、このサイトだけで熱帯魚の飼育が全てわかるとは決して思わないで下さい。このサイトの目的は、一番、間違ってはいけない部分だけに要点を絞ってあります。

それ以外のことは他のサイトで勉強してみてください。決して、水槽立ち上げや濾過バクテリアやパイロットフィッシュなどと言った、断片的な知識の収集家にならないでください。そんなのはまだずっと先になってから調べてみるべきです。基本の前に応用を知ろうとすることは、土台を作らず、砂の上に高層ビルを立てるようなものです。

最後に、このフレーズを見たらそのサイトは見なかったことにすべき、という、危険なフレーズを上げておきます。その理由は正しい飼育を行うことですぐにわかると思います。これを参考に、正しい熱帯魚の飼育と、正しいサイトを見極める目を養ってもらえたらと思います。以下は全て初心者に水槽立ち上げを失敗させる、間違った方法を教えているサイトがしばしば主張する誤った情報です。

  1. 初心者は小さな水槽を選んではいけない。(小さな水槽での飼育を難しいと感じている管理人は、すでに間違った立ち上げ方しか知らないということです。)
  2. 底に敷く砂はなくても良い。(下手な濾過器よりも底砂の方が生物濾過に即効性があります。底砂の表面は濾過器の中より酸素が豊富で濾過バクテリアが住み着きやすく、また、停電などで濾過器が止まった場合にも頼みの綱となります。)
  3. 砂を敷くならソイルがお薦め。(ソイルは扱いが難しいので、むやみに薦められるものではありません。ものによっては扱いやすいものもありますが、最初は避けておいた方がいいでしょう。)
  4. 水槽をセットしたらパイロットフィッシュを入れる。(パイロットフィッシュの意味を間違えています。本当の意味を知りたければ、絶対にネットでは調べないこと。海水魚飼育の専門用語ですので、海水魚の専門店で聞くのが一番です。)
  5. 水槽立ち上げ後は毎日水換え。(魚にとってこれほど迷惑で危険なことはありません。)
  6. 水が白く濁っても大丈夫。(どう考えてもおかしいでしょう。水を濁らせずに立ち上げることのできない管理人が、自分の方法を正当化するために言っているとしか思えません。)
  7. 水槽には飛び出し防止にフタが必要(注1)。

注1:ポリプテルスやスネークヘッドなど、一部、フタが必須の熱帯魚がいますが、ベタ(ヒレの長いオスのみ。メスはよく飛び出しますので要注意!)やアカヒレなど、多くの熱帯魚は水面の近くまで水を入れなければ飛び出しません。水槽立ち上げではフタを使わず、新鮮な空気との接地面をできるだけ大きくとることが大切です。

ショップも素人の作ったサイトを参考に、間違った商品紹介や飼い方、注意点などを載せていることがけっこうあります。売っている商品の品質とは切り離して考えるべきですが、このようなことの書かれているショップの飼い方などについては信じないようにして、ちゃんとまともなサイトから正しい知識を得て飼育にのぞむことが大切です。

ここまでちゃんと読んで下さった人は、もう失敗したり混乱したりすることはないでしょう。そして、知恵袋などで素人の適当な意見を真に受けてしまう気の毒な初心者を正しく導いてあげて欲しいと思います。